ライザップで食事制限できない人に共通している思い込み

ライザップ(RIZAP)に入る前に知っておきたいことまとめ

MENU

ライザップでも食事制限が出来ない人が持つ共通の思い込み

 

「食べたいものを我慢しなければいけない」という思い込み

 

=「続けるのが難しそう」という気持ちを持っていることです。

 

ライザップは食事制限ではなく「食事改善」

 

食事制限と考えると辛いと思います。ただの表現方法の違いだと思うかもしれませんがそうではありません。制限と改善には大きな違いがあります。

 

食事制限とは

「食べたいものを我慢して痩せる方法」

人間はどれだけ強い人であっても苦しい事を継続する事は出来ません。

なぜアスリートやタレントさんが完璧に体調管理を行えるのか?

それが仕事だからです

彼らは生活習慣を高めていきそれが結果にもろに反映する厳しい世界で生きています。だからダイエットするにしても「痩せない」という選択肢がないんです。ただ彼らは食事制限ではなく食事改善だと考えていることが大きな特徴です。

 

食事改善とは

「食べたいものを選んで痩せる方法」

自分にとってプラスになる事なので継続する事が出来ます。思考を自分にとって得になるように切り替える事が継続のポイントになります。

食品を選ぶとは?

毎日食事をする時に意識して何を食べるか選ぶことです

さらに言えば食事だけでなく、ボディメイク・普段の行動・考え方、その一つ一つが後々自分の目標としていることに近づく事に繋がることなのかかどうかを考えながら生活することです。

 

ちょっとややこしくなってきましたが、
要は「痩せることを常に意識し続ける」ということです。

 

大きな目標というのはこういった小さなノルマを積み重ねていずれ叶うものです。その生活習慣を手に入れる事が出来れば努力しなくても自ずと結果の方から歩いてきてくれます。ストレスに感じるかどうかはすべてその人の選択にかかっています。

食事制限に不安がある人がやるべきこと

 

「ライザップに入る前にマインド面の勉強勉強をしてくる事」

 

ライザップに入学したからといってそれで安心する人はトレーニングプラン後、ライザップで教わった食習慣や運動を継続出来るかどうかわかりません。あれだけライザップに入校する前は下調べをして口コミを集めたりして30万超の高額トレーニング費用を1円も無駄にしないようにしたはずです。

 

しかし申し込む前にその情熱を使い切ってしまい、入校してみるとそれで満足してしまうような人も中にはいるようです。

 

一番大事なのはトレーニングに参加している時期ではなく

その生活習慣を継続していく事にあります。