ライザップの糖質制限は本当に痩せるの?

ライザップ(RIZAP)に入る前に知っておきたいことまとめ

MENU

糖質制限だけで本当に痩せるの?

 

「本当に実行し続けることができるなら痩せれます」

 

現在、ダイエットの主流となりつつある糖質制限ダイエットですが、本屋だけでなくコンビニなどでも糖質制限について書かれた本はたくさん見かけます。私はこのブームが来る2年以上前から糖質制限をおこなっていたので、ある意味流行的視点ではなく、ニュートラルにこのダイエット法についてお話しする事が出来ると思っています。

 

ライザップが推奨する糖質制限食は本当に痩せるのか?ライザップ入会希望者が気になる重要な点だと思いますので、詳しく掘り下げて行こうと思います。

 

糖質制限とは?

 

糖質制限というのは、糖質摂取を最小限にカットする事で、痩せやすい体質を作り出すダイエット法です。更に詳しく説明すると、人間は食事をすると必ず血糖値が上昇します。食後30分前後くらいが血糖値が上がるピークだと言われ、その時にインスリンと呼ばれるホルモンの一種が大量に分泌し、血糖値の上昇を抑えるわけです。

 

そのインスリンが分泌される過程で、ブドウ糖が精製され体内に吸収されていくのですが、このブドウ糖の一部が脂肪に変わり、皮下脂肪となり結果として太ってしまうという流れを作り出します。

 

つまり、血糖値を上げなければ、インスリンの分泌は最小限に抑える事が出来、ブドウ糖が増加する事もなく、脂肪に変化し吸収される事もなくなるため、体重が驚くほどするすると落ちていくようになります。実際にやってみればわかるのですが、わたしは最高1日で2.8kg減った事がありました。あまりに効果が出るのが速いためにちょっと怖くなってしまったほどです。

 

糖質制限は、糖質をカットするために、炭水化物が高いものを食生活から排除する事がポイントとなります。

 

糖質制限を成功させるために知っておかなければいけないこと

 

ライザップの場合は入会時に食べて良い食品とNG食品に分けられているのでその通りに従うだけなのですが、「白米・麺類・パン類・カレー・根菜類の野菜」などもすべて食べれなくなるので慣れるまではかなり抵抗があると思います。

 

ただ、ライザップのアドバイザーの理にかなった「糖質制限による食生活で痩せる方法」を素直にそのまま学習していけば…

  • なぜ糖質制限をすすめるのか!?
  • 炭水化物は本当は必要ない!?
  • ジャンクフードは本当はおいしくない!?

…という事に気づきます。(舌がおいしいと錯覚しているだけ)

 

身体に本当に必要なものやコンビニで食べていいものまで教えてくれるので、その通りやればかなりの確率で1日の糖質制限量を超えることはありません=食生活改善ができたということ!

糖質制限 成功の秘訣 3つのポイント

1日の総糖質摂取量を5g以下に絶対に抑える!

絶対に抑えてください。絶対です!なにが合っても!言い訳無用!このルールを破ったら厳しいバツを与えるルールを作っておくことも一つの手です。ただライザップのやり方もあるので必ずアドバイザーの方にひと言相談しましょう。

「迷ったら食べない!」

食べて良いかわからない食品は食べないようにする…これで1日過ごしてみてください。私の経験上1kgは確実に減ります。体重が多い方なら2kg以上落ちるかもしれません。

 

今までカロリー制限などのダイエットで1kg落とすのってどれだけ大変でしたか?
★痩せる魔法のサプリメントを飲んでも…
★置き換えダイエットをしても…
まったく効果が現れずお金だけが減っていき自己嫌悪に陥る辛さは私もよく知っています。しかし、糖質制限ならあっという間に1kgくらい落ちてしまいます。

 

痩せた喜びを忘れない!

次に、1日目で1kg痩せたこの喜びを覚えておき、またこの快感を味わいたいという自分の素直な気持ちにフォーカスしてください。それさえ出来れば、炭水化物をとらない事など結構余裕で出来てしまいます。まずこの生活を1週間続けてみると3kgは落ちてると思いますから、糖質制限のすごさを実感できると思います。

 

1ヶ月単位で体重をチェックする!

最後に、1か月単位でどのくらい痩せているのかを見ると良いです。1日単位で見ていると、いくら糖質制限と言えども停滞期や少しリバウンドする事もあります。恒常性と呼ばれる体の仕組みが、生命維持のために体重をもとの体重に戻そうとする働きが作用するからです。なので、多少の誤差は失敗ではなく、体の反応と考え、1か月単位で見るようにしましょう。マイナス10kgも全然無理な数字ではありません。なのでライザップ入会を不安がる必要もないでしょう。

 

「1万回失敗」してても「1万1回目に成功」するかもしれません!!

 

「今までがだめだったから次もだめだ」というのは根拠としては成立しておりません。単に過去の思い込みから「自分はなにをやってもどうせ失敗する」という刷り込みが出来上がっているだけです。

 

ドリカムの「何度でも」という曲でもありますが、「10000回だめでヘトヘトになっても 10001回目は何か変わるかもしれない」という有名な歌詞があります。これは理想論ではなく紛れもない事実です。

 

諦めたら100%終わります。残りの人生を後悔と言い訳ばかりで生きる人生になります。しかし挑戦を続ける限り可能性は生まれ、そこに変化が起きます。

 

今までだめだったのなら、違うやり方でやればいいだけです。

 

次は成功するかもしれません。