ライザップ(RIZAP)と普通のジムの専属トレーナーの違いについて

ライザップ(RIZAP)に入る前に知っておきたいことまとめ

MENU

ライザップ(RIZAP)と普通のジムの専属トレーナーの違い

ライザップのトレーナーは「モチベーションが高い」

 

ライザップ(RIZAP)のトレーナー

 

「その人その人によってオリジナルのメニューを作り鍛え上げていく」

 

ライザップのトレーナーは「この人を絶対成功させるんだ!」という意気込みが違います。それが「モチベーションの高さ」です。

 

世の中にはダイエットで挫折している人が大勢いますが、こんな人たちもライザップに参加すれば必ず力になってくれるので痩せる確率はグンとアップします。

 

普通のジムのトレーナー

 

「質問には答えてくれる…でも率先しては指導してくれない」

 

※あくまでも個人的な見解です。私が20代の時に通っていたスポーツジム(月額5,000円位)で専属トレーナーがついた時の体験談からです。

 

トレーナーの違い = 金額の違い

 

ライザップは入会金も含めると「ベーシックコースでも35万円」ほどになります。普通のジムと比べると約70倍の金額になります。しかしその金額の違いがトレーナーの力量の違いです。

 

 

「理想とする体型になる」


↑そのためには…

「自分だけのためのレシピが必要」


↑それを…

「専属トレーナーに作ってもらう」

 

 

「痩せるための知識や経験を豊富に持ったプロ集団」
「人生の大半を痩せることのためだけに使ってきたプロ集団」

 

そんな気高い集団が「ライザップ(RIZAP)のトレーナー達」です。

 

個人的に自分一人の力で健康的に、リバウンドする事なく、一過性ではなく永続する体作りが出来るようになることはかなり難しく成功率が極めて低い挑戦になります。現にダイエットをしても続かなかった人は世の中に溢れかえっています。

 

だからライザップに入る人が多いんです…
35万円払って自分を奮い立たせているんです!

 

 

なぜなら・・・自分を甘やかさないために…。

 

 

「優れた筋力トレーニングをすること」=「ボディスカルプト」

「体を彫塑する」といったニュアンスです。ライザップは正に彫刻のように美しい体のラインと引き締まった体を手に入れる事が出来るので、価格にしてはプライスレスほどに満足する人も少なくありません。

自己流の危なさ

 

<自己流の危なさがよく分かる例>

料理をした事がない人にカレーの写真だけを見せ、作り方を一切教えずに…
「カレーを作ってください」
と言っても永久に出来る事はありません。それと同じです。

 

何かと自己流にこだわる方がいますが自己流には限界があります。理想的な体を手に入れたいのであれば、パーソナルトレーナーに逐一自分の動きや筋肉の動かし方、姿勢、イメージングなどを軌道修正してもらいながら正解に近づけていくようにします。

 

「本気で痩せたいならライザップ!」

 

…と世間ではまことしやかに囁かれていますが、それを裏付けるようにライザップのボディスカルプトの成功率はすさまじい結果を出しています。それは完全にライザップのトレーナーの力によるものです。

 

あなただけの正しいトレーニングを続けていくことが出来れば、「効果的=最短」でゴールにたどり着けることになります。

 

「痩せるレシピは教えてくれます…

 

    作れるかどうかは本人のやる気しだいです。」

ライザップ(RIZAP)に向いてる人・向かない人

ライザップ(RIZAP)に向いてる人
  • 短期間で痩せたい人(3ヶ月位)
  • 自己流ダイエットで失敗してる人

とにかく本気で痩せたい人だけがライザップに行くべきです。

 

決してスポーツジムがだめだと言っているわけではなく、個人的にトレーニングし、個々に食事管理を行い、そうするうちにそれが習慣化されるようになります。

 

きっとそこには人生を変えるほどの衝撃があると私は思います。また、専属トレーナーがいるのでキツイ時でも励ましてくれます。ついつい自分を甘やかしちゃう人でも、きっと理想的なスタイルを手に入れることが出来るでしょう。

 

ライザップ(RIZAP)に向かない人
  • ダイエットに長期間かけてもいいと思ってる人(1年〜3年)
  • 自分をしっかり管理できる人

<自己流ダイエット成功事例>
2年間…毎月10q泳ぎ、食事も自己流で管理し、見事ダイエットに成功した知人がいます。今ではそれが習慣化し体脂肪率は10%を切っています。

 

そのように「自分で自分を徹底的に管理する力」があればライザップに行く必要はありません。ただし、すぐに結果は出てきません。「継続することが本当に大変だった」とその人は言っていました。※習慣化されてしまえば「泳がないと気持ち悪い」という状態になるそうです。